T-Log

サーターアンダギーの作り方

「コンビニ等で美味しいと思えるお菓子がない!!」

と前々から思っており
サーターアンダギーを自作。

「ちょろいっスよwww」

と思ってたら
失敗失敗で3度目にしてやっと美味しく出来上がる・・・ (´-`)

f0215145_1764142.jpg


意外に難しかったけど
苦労を乗り越えた分、美味しさもひとしお~ ヽ(´ー`)ノ


↓ 記事が長いので More に記載 ↓





【材料】

・小麦粉(薄力粉)        125~130g
・砂糖(グラニュー糖)      30g
・卵(Mサイズ)          1個
・サラダ油             小さじ1
・ベーキングパウダー       小さじ2/3
・スライスアーモンド        お好み


計量器を用意。TANITA! TANITA!
f0215145_17332553.jpg


薄力小麦粉を用意。
f0215145_17341271.jpg


薄力小麦粉を125~130g量ります。
f0215145_17362966.jpg


砂糖(グラニュー糖)を用意。
f0215145_17372013.jpg


砂糖を30g量ります。
f0215145_1739537.jpg


卵1個(M)、ベーキングパウダー(ま、膨らし粉ね)、サラダ油を用意。
f0215145_17441844.jpg


ボールに卵をIN。
f0215145_1745498.jpg


ベーキングパウダー 小さじ2/3をボールにIN。
f0215145_17455837.jpg


サラダ油 小さじ1をボールにIN。
f0215145_17463580.jpg


かき混ぜ準備OK!
f0215145_17472369.jpg


適当にかき混ぜます。
f0215145_17475461.jpg


量った30gの砂糖をボールにIN。
f0215145_17482762.jpg


再び、適当にかき混ぜます。
f0215145_1748574.jpg


量った125~130gの小麦粉をボールにIN。
f0215145_1751410.jpg


すりこぎ棒で練ります。この作業が結構力使う;;
f0215145_17515311.jpg


「親の仇!」と言わんばかりに練り、粉っぽさが無くなればいいんじゃないかな?(適当)
f0215145_17532793.jpg

f0215145_17534319.jpg


スライスアーモンド入れるの忘れてた (;´Д`)
f0215145_17541998.jpg

f0215145_17543333.jpg


練り上がり完成。
f0215145_17551331.jpg


丸める為に手に少量塗るサラダ油を用意。
f0215145_17564096.jpg


ヒタ。
f0215145_1757885.jpg


ベチョ。
f0215145_17573624.jpg


揚げると膨らむので、ピンポン球一回り小さい位に丸める。
f0215145_17584495.jpg

f0215145_17585735.jpg


170~180℃のサラダ油を使うんだけど、温度とか分かりづらいので
余った生地を少し油に入れて、浮いて来たら180℃くらいと思ってます。
f0215145_1805313.jpg


さぁ揚げるゼ!
f0215145_1843019.jpg


火加減は常に弱火。油の跳ね返りに気を付けつつ全部入れちゃってOK。
f0215145_186287.jpg


菜箸で転がしながら揚げます。
f0215145_1871942.jpg


こんな風に裂けて来てもまだちょっと揚げつつ、箸で刺してみて生地が付いてなかったら油から上げます。
f0215145_1894047.jpg


クッキングペーパーを敷いて、油を切るといいかも。
f0215145_18111631.jpg

f0215145_1811303.jpg


・・・お菓子作りって、洗い物作りだよね・・・ (´-`)
f0215145_18121513.jpg


Yeah!! 完成~ ヽ(´ー`)ノ
f0215145_18152541.jpg



上記の量で、9~11個くらい作れます。

他のサイトとかでは砂糖の量が多く記載されてますが、30gでも十分甘いです。
日持ちはあまりしないかも。
まぁ十分美味しく食べられますが、次の日とかだと味は少し落ちますね。

原材料的にスライスアーモンドが少々喰うけど、他は安いです。
なにより、美味しい (・∀・)b

ただ・・・ひょいひょいとツマめちゃって太るかもしれません (;´Д`)


~ 終わり ~
[PR]
by qphoto | 2011-10-22 18:31 | 料理 | Comments(0)