T-Log

麻婆豆腐茄子の作り方

旧・ブログの記事にあった

「得意料理を3つ持ちたい!」

シリーズの第二弾、麻婆豆腐茄子!


麻婆豆腐でも麻婆茄子でもなく
合わさった 麻婆豆腐茄子
野菜たっぷりで ( ゚Д゚) ヘルシー!


↓ 記事が長いので More に記載 ↓



作る量は、だいたい4人前くらい(適当)

木綿豆腐を1丁用意します。
f0215145_1691327.jpg


キッチンペーパーで包み、電子レンジで600㍗ 1分半加熱し水切りをします。
加熱し終えたら、そのまま放置しておいてOK。
f0215145_1612251.jpg


調味料Aを作ります(鶏がらスープのもと・小さじ1、水・300cc(だいたいでOK))
f0215145_16234781.jpg

f0215145_16211962.jpg

f0215145_1621479.jpg


調味料Bを作ります(醤油・大さじ2、酒・大さじ1、コショウ少々)
f0215145_16181326.jpg

f0215145_16183020.jpg

f0215145_16184468.jpg


水溶き片栗粉を作ります(片栗粉・大さじ2、水・大さじ4~5)
f0215145_16264628.jpg


味付け系の下ごしらえは完了。
野菜の出番 (・∀・)
ピーマン2つ、茄子3つ、ニンジン半分。
f0215145_16295033.jpg


切るサイズはこんな感じ ↓

ピーマン。結構大きめに切ると良いです。
f0215145_16422225.jpg


茄子。結構大きめに切ると良いです。
f0215145_1643616.jpg


ニンジン。火が通りにくいので薄めに切ると良いです。
f0215145_17452865.jpg


ネギも使います。大きさ、量はお好みで。
f0215145_16495464.jpg


水切りした豆腐を1㌢の角切りにします。
f0215145_16522966.jpg


全ての下ごしらえが完了。
あとは炒めたり、煮たりの火系でおしまい。
火は基本的に、弱火で常に点けっぱなしです。

中華鍋を熱して(30秒くらい?)大さじ2のサラダ油を入れ
火の通りにくいニンジンから炒めます(3分程度)
f0215145_1657092.jpg


残りのピーマン、茄子も炒めます。投下!
f0215145_1659671.jpg


ピーマン、茄子を入れてから、5分程度炒めたり蒸したりして
野菜が柔らかくなってきたらOK。
f0215145_1704044.jpg

f0215145_170543.jpg


次に豚ひき肉の出番。
f0215145_1722310.jpg


豚ひき肉を150㌘ほど使います。
野菜の入った中華鍋に投下!
f0215145_1743598.jpg


サイズにもよりますが、1パックの半分くらい使えば目安になるかも。
f0215145_1755257.jpg


ひき肉がぽろぽろになり、色が白く変わればOK(1分程度でなります)
f0215145_179448.jpg


ひき肉が白くなったら、豆板醤(とうばんじゃん)、甜麺醤(てんめんじゃん)の出番。
f0215145_17114464.jpg


豆板醤・小さじ3、甜麺醤・小さじ2。
f0215145_17162875.jpg


豆板醤、甜麺醤を全体に馴染ませ2分ほど炒めたら
調味料A(鶏がらスープ)と調味料B(醤油、酒、コショウ)を投下。
よく混ぜる。
f0215145_17195384.jpg

f0215145_17211254.jpg


1㌢角に切った豆腐を入れます。
f0215145_17232445.jpg


モゾモゾと混ぜて(2~3分程度)豆腐がオレンジ色になったらネギを投下。
f0215145_17262451.jpg


隠し味としてオイスターソースを少量入れる。
味見して、自身の好みに合わせて豆板醤、甜麺醤を少量加えて味調整。
f0215145_17284476.jpg


最後に水溶き片栗粉を外側から回し入れ
鍋を揺すりながら全体に混ぜてとろみをつけます。
f0215145_1731797.jpg


火を止めて1分ほど置き、再び火にかけて一煮立ちさせて完成~。
f0215145_17322894.jpg



正直、この料理の美味しさの決め手は
全てが豆板醤と甜麺醤。
メーカーによって美味しい、美味しくないがあるので注意。
(自分はCookDoのを使ってます)


野菜切ったり、煮たりは結構簡単。
それでも完成までに0からスタートで1時間ほどかかるって感じです。

大雑把にやっても味はさほど変わらず
適当でも美味しく仕上がる料理だと思ってます。


~ 終わり ~
[PR]
by qphoto | 2010-02-20 18:01 | 料理 | Comments(0)